先祖の因縁を断ち切る方法は?先祖の因縁のスピリチュアルな意味、家系因縁の現れ方と浄化、先祖の因縁を断ち切る方法について説明します。

最近、何をしてもうまくいかない人は、先祖の因縁が関係している可能性があります。人生を好転させるためには、先祖の因縁を断ち切らなければなりません。

今回は、先祖の因縁を断ち切る方法と合わせて、家系因縁の現れ方や浄化方法も解説します。

先祖の因縁とは?

私たちは、誰でも遡るとたくさんの先祖がいます。現代と同じく、どんな時代の人でも個性を持っており、中には苦しみや迷いを持ったまま亡くなった人もいるでしょう。また、誰かに対して恨みを恨んだ状態で亡くなったケースも考えられます。

こうした先祖の無念が、現世の子孫に対して現れることがあり、これが先祖の因縁です。

特に、現世に影響しているのは、3代・7代・12代前の先祖だといわれています。先祖から受ける因縁には、パターンがあり「霊的」「肉体的」「精神的」に分類されるのが一般的です。

先祖の因縁のスピリチュアルな意味

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

先祖の因縁が最も影響を与えるのがスピリチュアル面です。スピリチュアル的には、子孫の運命が先祖によって決められるといった側面があります。

実際、スピリチュアルの世界には、原因と結果という法則があり、先祖の因縁もこうした法則の一つです。つまり、先祖の因縁は「因果応報」であり、カルマともいわれます。

また、運気は波動によって引き寄せられるため、先祖の因縁が現れるタイプの人は、低いエネルギーを放っている可能性が高いでしょう。

先祖の因縁が引き起こすリスク

先祖の因縁は、様々なリスクを引き起こします。最も辛いリスクは、病気や災害、事故により亡くなるケースです。そのほかにも、肉親同士の争いや家系の衰退なども先祖の因縁が影響しているケースが多いでしょう。

また、男性に多いリスクが、あらゆる場面で挫折を経験することです。例えば、仕事が軌道に乗りかけた途端に頓挫したり、結婚前に別れたりというケースが考えられます。

男女間の問題に悩みが絶えない人も先祖の因縁が関わっている可能性が高いため要注意です。不倫や浮気のほか、夫婦仲が悪くなり結婚生活に支障が出ることがあります。人間関係だけではなく、お金の問題も出てくるでしょう。

なかなかお金が貯まらない人や、溜め込んでいたのに破綻してしまうケースも少なくありません。

先祖の因縁の調べ方

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

先祖の因縁を調べるためには、2つの手段があります。それぞれの手段について詳しく見ていきましょう。

家系図作成

先祖の因縁は、3代前、7代前、12代前の影響が強いといわれるように規則性があります。そのため、先祖の因縁を感じた時は、家系図を作成してみると、その原因が見えてくるでしょう。

一般的に、祖父母の代までは知っているけれど、曽祖父や曽祖母以上になると、どんな人だったかわからないものです。さらに上になれば、親ですら会ったことがないケースがほとんどでしょう。

しかし、家系図を作ってみると、先祖の人となりが大体見えてきます。例えば、7代前の先祖の夫婦仲が悪かったら、現世に影響を与える可能性が考えられるでしょう。一代ずつ遡りながら、自分のルーツを探ってみることをおすすめします。

自分の状況を確認

人生がうまく回らないときは、先祖の影響だけとは限りません。まずは、自分の状況を確認することも大切です。

例えば、ネガティブな考え方ばかりするようになったら、マイナスなエネルギーを発してしまい、良くないことを引き寄せやすくなります。

また、仕事がうまくいかないと思っている人は、ほかに考え事をしている可能性もあるでしょう。先祖の因縁の可能性も踏まえながら、現実的な原因をチェックすると案外簡単に解決するケースも少なくありません。