友達がいない人の末路は?友達がいない人は将来どんなことが待ち受けているのでしょうか。やばい?友達がいない人の問題点や老後は?友達の作り方についても解説します。

友達がいないと、現時点では困っていなくても、ふと将来に不安が過ぎるものです。友達がいないと、どのような将来が待っているのでしょうか。

今回は、友達がいない人の末路を紹介します。友達がいない原因と問題点も解説します。

友達がいない人の末路15個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

友達がいない人の末路はさまざまです。

(1)強い孤独感に襲われる
(2)人を羨んでドロドロした感情を抱く
(3)いざというとき頼る人がいない
(4)友達がいない自分を責めてしまう
(5)強い劣等感に苛まれる
(6)人間不信に陥る
(7)週末に暇を持て余す
(8)ストレスのはけ口がなく辛くなってしまう
(9)誰にも相談できずに道を誤る
(10)困らないがふと虚しくなる
(11)家族や恋人に依存してしまう
(12)空想の世界に浸る
(13)自分の趣味に没頭する
(14)仕事に集中して出世を極める
(15)1人時間を大いに満喫する

寂しくて悲惨な末路を歩む人もいれば、全く困らずにお一人様を満喫する人もいます。友達がいない人の末路は、本人の価値観や行動力によって大きく変わるのです。

気を付けなければならないのは、寂しがり屋だけど自分に自信がなく、積極的に行動を起こせない人。友達が欲しいのにできない現実が受け止めきれず、自分を責めてしまいます。

「友達がいない→作ろうとしてもできない→自分はダメな奴だ→行動を起こせなくなる」と、負のスパイラルに陥り、将来に希望が持てなくなってしまうかもしれません。

友達がいない人はやばい?

友達がいない人がやばい状況になるか否かは、その人の生活や行動力、そして経済力に大きく左右されます。

もともと友達の必要性を強く感じず、1人でも生活を充実させられる人は、大きな問題はありません。経済力があれば、友達を頼らなければならない事態にもならないでしょう。

一方、寂しがり屋で人と一緒にいたいタイプや、自分では決断できず人に流されるタイプは、友達がいないとやばい事態に陥りやすくなります。自己判断ができないので、悪い人が近づいても気づけません。困ったことになっても自己解決できず、助けてくれる友達がいなければ、状況はどんどん悪化してしまいます。

大人で友達がいない人の原因5個

学生時代は同じ環境下で同級生に囲まれていたので、特に意識しなくても友達ができた人は多いです。しかし、大人になると状況は一変。それぞれ環境も生活も違うため、友達ができにくくなる人もいます。とは言え、同じような状況でも友達が多い人もいれば、全くいない人もいますよね。そこで、大人で友達がいない人の原因を紹介します。

1. 仕事や育児などで忙しい

大人で友達がいない人の大きな原因は多忙です。仕事や育児などで忙しいと、物理的に友達付き合いする時間がありません。そのため、今までの友達と疎遠になり、新しい友達を作るきっかけも失ってしまいます。

友達付き合いする時間がないほど忙しいと、「友達作っている場合ではない」と、友達作りの優先順位がとても低くなるため、ますます友達ができにくくなります。

2. 価値観が大きく変わった

学生時代は皆同じような環境だったので、自然と話が合い盛り上がりました。しかし、仕事や結婚など経験を重ねるにつれ、人の価値観は変わります。今までの友達と価値観が大きく変われば、付き合い辛さを感じることもあるでしょう。

お互い価値観の違いを感じれば、徐々に疎遠になるものです。新しい友達を作る余裕がなければ、友達がいない状況が続きます。

3. 元々受け身で自分から誘わないタイプ

大人になると、友達ができる機会が少なくなります。そのため、元々受け身で自分から誘わないタイプだと、友達作りも待ちの体制に入るため、少ないチャンスを逃してしまい、友達がいつまでもできません。大人になってからの友達作りは、積極性が不可欠なのです。

4. 新しい関係を築くのが苦手

大人になってから友達がいないのは、新しい関係を築くのが苦手なのも原因です。人見知りで狭く深い交友関係を好み、しかも自発的に行動できない場合、今までの友達と疎遠になれば、友達ゼロ状態になってしまいます。

5. 行動力と情報収集力がない

新しい友達が欲しいのにできない人は、行動力と情報収集力がないのが特徴です。今の時代、インターネットを使えば友達作りのチャンスはいくらでも作れます。

しかし、友達がいない人は自力で情報収集ができず、どうしたら良いかわからないまま立ち止まってしまいます。行動力もないため、友達がいない状況を改善できないのです。