友達が減っていく人の特徴は?友達が減っていく理由、友達が減る時期、友達が減るのは大人の証?年々友達が減っていく人の特徴、友達の作り方について説明します。

友達が減っていると感じるなら、あなたの行動や考え方に理由があるのかもしれません。疎遠になっても問題ない友達なら構いませんが、ずっと付き合っていきたい友達が離れていくなら、理由を自覚して対策を取りましょう。

今回は、友達が減っていく人の特徴と理由を徹底解説します。

友達が減っていく人の特徴15個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

友達が減っていく人には、以下のような特徴があります。

(1)自分の話ばかりする
(2)無意識にマウンティングしている
(3)否定的な言葉が多い
(4)噂や悪口が好き
(5)とにかく愚痴が多い
(6)気遣いができない
(7)共感力がない
(8)ドタキャンが多い
(9)お金にだらしない
(10)自己中心的で付き合いが悪い
(11)恋愛すると疎遠になる
(12)気を遣い過ぎる
(13)自分から誘わない
(14)出不精でインドア派
(15)損得勘定で物事を考える

我が強く友達よりも自分を優先するタイプは、自然と友達が離れていきます。友達関係は対等で持ちつ持たれつですから、自分だけにメリットがある付き合いをしようとすれば、周りはついてきません。恋愛至上主義で恋人がいると友達を疎かにするタイプも同様です。

また、悪気がなくてもドタキャンが多かったり、お金にだらしなかったりと、友達に実害を与える場合も、相手から疎遠にされてしまいます。

逆に、気を遣い過ぎるタイプも注意が必要です。友達と会うと疲れるため、積極的な付き合いを避けがち。友達付き合いが受け身で自分から誘わないと、友達関係は相手に任せることになります。友達から連絡が来ないだけで、付き合いが終わってしまうのです。

友達が減っていく人の理由5個

友達はできるけど、付き合いが長く続かず徐々に減っていく人には、生活や行動に理由が隠されるケースが多いです。そこで、友達が減っていく人の理由を解説します。

1. 仕事が忙しくて友達と会う暇がない

仕事が忙しいのは、友達が減っていく大きな理由になります。休日返上状態になれば、友達に会いたくても会えません。

また、仕事で疲れきってしまえば、休日は自分を癒すだけで終わってしまいます。友達付き合いに必要な時間と体力を奪う仕事の多忙さは、簡単には改善できないため難しい問題です。

2. 結婚して家族中心の生活をしている

結婚すると家族に費やす時間が増えるため、友達が減っていく理由になります。特に女性の場合、子供が生まれると自由に外に出るのが困難になり、友達と疎遠になりがちです。

同時期に友達も結婚すれば、共通の話題も多く友達付き合いは続きやすいです。しかし、既婚者でも独身者でも、友達の中で自分が少数派になると話が合わなくなり、何となく自分から離れてしまいがちになります。

3. 価値観が変化する

友達と環境が変わっても、お互いを尊重して歩み寄れば友達関係は続きます。しかし、環境が変わると価値観も変化し、友達と話が合わなくなってしまうことも。

特に共感し合うことで友情を育んできたタイプは、自分と友達が違うステージに立つと、何を話してよいのかわからなくなってしまいます。会っても楽しいと思えなくなり、連絡を取らなくなってしまうのです。

4. 友達と経済的な格差が広がる

経済的な格差も、友達が減っていく理由になります。なぜならば、生活する場所が全く変わるからです。経済的に豊かな方が、経済的に苦しい友達に合わせるのは可能ですが、それを受け入れられる器がなければ、友達関係は途切れてしまいます。経済格差を見せつけられるのが辛い人は少なくありません。

5. 無理して友達付き合いしなくなる

友達付き合いは数多くある取捨選択の中の1つです。無理して友達付き合いを続ければ、他のこと、例えば仕事や家庭、自分の趣味などを犠牲にしなければなりません。

優先順位を考え、大人になって友達全員と付き合いを続ける時間がなくなれば、無意識に取捨選択が行われ、「ずっと友達でいたい」という人以外とは疎遠になっていきます。

友達が減っていくのが大人の証?

友達とのつながりが生活の軸だった学生時代とは違い、大人になると仕事や家庭中心になります。そのため、どうしても友達付き合いに使う時間が限定され、「この友達とは一生付き合いたい」と思える相手以外とは疎遠になるものです。

友達の数の多さもステイタスだった学生から、本当に気の合う友達だけに厳選された社会人への変化が起こっていると考えれば、友達が減っていくのが大人の証です。もちろん、大人になってからも浅く広い付き合いを好む人もいます。自分の置かれた状況に合わせて、刹那的に友達が変化する人も少なくありません。