インディゴチルドレンの特徴を診断チェックできるように詳しく紹介します。インディゴチルドレンの誕生日や年代、容姿や雰囲気の特徴、幼少期や家庭環境、性格や能力の特徴、見分け方などについても解説します。

スピリチュアルな世界に興味がある人は、インディゴチルドレンという言葉を聞いたことがあるでしょう。

この世に生まれた瞬間から能力を発揮している人もいますが、多くの場合は自分がインディゴチルドレンだと気づいていない人もいるのです。またスピリチュアルな能力がある人でも、インディゴチルドレンではない場合もあります。

インディゴチルドレンの意味とは?

インディゴチルドレンというのは、地球上に転生をしてきた魂を表す言葉を意味します。それぞれに使命や役割を持って転生しており、他の人に比べるとスピリチュアルな能力に秀でているのです。

また、スピリチュアルな能力を持って転生をした人の中でも、インディゴブルー(藍色)のオーラを放っている人という解釈もできるでしょう。

スピリチュアルな能力が高い状態で転生をした魂を持った人でも、生まれた年代によっては、インディゴブルーとはいえない場合もあります。

そして、使命や役割を持って転生をしていますが、中には自分がインディゴブルーだと気づかずに過ごしている人達もいるはずです。

インディゴチルドレンの誕生日や年代

1970年代から1994年までに生まれた人は、インディゴチルドレンである可能性が高くなります。この期間に地球上に転生をしているのがインディゴチルドレンだといわれているのです。

また、一説には1970年代から1980年代までという説もあるでしょう。そしてインディゴチルドレンの誕生日に、決まった日にちの指定はありません。

1970年代から1994年までに生まれた人で、何かしらの才能に長けているのなら、インディゴチルドレンの可能性が高いといえます。

インディゴチルドレンの容姿や雰囲気の特徴10個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
(1)綺麗な目
(2)中性的な見た目
(3)年齢不詳
(4)藍色のオーラ
(5)色素が薄い
(6)服装が個性的
(7)整った顔立ち
(8)落ち着いた雰囲気
(9)感情が読めない
(10)独特の雰囲気

純粋な心を持って転生しているインディゴチルドレンは、その心を表すような綺麗な目をしています。また先ほども触れたように藍色のオーラを放っていますから、オーラ診断などをすると分かりやすいでしょう。

インディゴチルドレンのエネルギーは軽くて明るいので、普通の人に比べると色白・髪色が明るいといったように色素が薄い場合が多いです。

生まれた時には普通の色でも、成長する過程で色素が薄くなっていく場合もあります。そしてインディゴチルドレンは他人を寄せつけない場合が多く、落ち着いた雰囲気の人や独特な雰囲気をしている人がいるでしょう。

インディゴチルドレンの幼少期や家庭環境の特徴10個

(1)他人のオーラが見える
(2)周りの子供と仲良くなれない
(3)大人っぽい言動
(4)冷静に観察する
(5)敏感に反応する
(6)集中力が高い
(7)大人相手にも説教をする
(8)意思を強く主張する
(9)原因不明の体調不良を起こす
(10)肉親と疎遠になりがち

スピリチュアルな能力が高いインディゴチルドレンは、幼少期から他人のオーラが見えるようになります。

また人の気持ちを読むことができるので、周りの子供と仲良く遊ぶことができない傾向が強いのです。いつも一人でぽつんと遊んでいるか、興味のあることに熱中をして過ごす時間が多いでしょう。

そしてインディゴチルドレンは体は子供でも、精神的に成熟をしていますから、大人と同じ言動をすることがあります。自分が間違っていると思う行いを大人がした場合には、相手が大人であっても説教をする場合もあるはずです。

インディゴチルドレンの性格や能力の特徴20個

(1)直感が鋭い
(2)集団生活が苦手
(3)芸術的な才能がある
(4)感性が豊か
(5)現代社会に違和感を感じる
(6)理解力が高い
(7)空気を読めない
(8)内向的
(9)人の思考を察知できる
(10)実力主義
(11)純粋
(12)愛情深い
(13)優しい
(14)着信の相手を察知する
(15)我が強い
(16)共感能力が高い
(17)プライドが高い
(18)疑わない
(19)ネガティブになりやすい
(20)好き嫌いが激しい

第六感が鋭いインディゴチルドレンは直感も鋭く、電話の着信でも能力を発揮する傾向があります。かけてきた相手を確認する前に、直感で相手が分かってしまうのです。

また、その場の空気を読むことができないために、周りの人と同じ行動をする集団生活が苦手な性格をしているでしょう。

そして自分のことを理解してくれる人達が少ないために、内向的な性格になってしまいがちになります。内向的な性格の上に、インディゴチルドレンは元から純粋な心の持ち主ですから、人を疑うことはしません。

しかし独自の基準を持っているため、時にはプライドが高いと周りに思われてしまう場合もあるでしょう。

孤独になってしまいがちなインディゴチルドレンですが、実は愛情深い性格をしており、人の気持ちに共感する能力が高い一面もあります。インディゴチルドレンが愛情深いのは、転生する前に魂がいた場所が愛情に満ち溢れた世界だったことが関係しているといわれているのです。