使わなくなったおもちゃは、捨てるしかないと思っている人もいるでしょう。思い出のおもちゃは寄付をして支援に役立てたり、安く購入したい人に売ったりできます。大きなおもちゃや電池入りのぬいぐるみなど、おもちゃの種類別の処分方法や譲る時の注意点も解説します。

使わないおもちゃはどう処分する?

おもちゃの捨て方は? 寄付やリサイクル、電池入りおもちゃの処分方法も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

子供のおもちゃは成長と共にどんどん増えていくため、気づくと使わないおもちゃがたくさん…ということも多いですよね。先輩ママにおもちゃの処分方法を聞いてみると、「捨てる」の断捨離派が最も多く、ほかにも「譲る・売る・寄付する」のリサイクル派、押し入れに入れたり実家に送って保管する人などさまざまなようです。それぞれどのように進めたらいいのか見てみましょう。

おもちゃを処分する時のポイント

おもちゃの捨て方は? 寄付やリサイクル、電池入りおもちゃの処分方法も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

おもちゃを処分する時は、親の判断でむやみに捨てると子供が大きなショックを受けてしまうこともあるので注意してください。おもちゃを処分する際のポイントを解説します。

子供に確認する、処分するおもちゃを選ばせる

親の目線だと遊んでいないと感じていても、実は子供にとって大切なおもちゃということもあります。おもちゃを処分する前に子供にきちんと確認しましょう。その時、どのおもちゃとバイバイするか子供に選ばせるのも効果的です。あらかじめ「おもちゃがおもちゃ箱に入らなくなったら捨てるよ」と言って心の準備をさせてあげるのもいいですね。

遊んでいないおもちゃは遠ざけて様子を見る

普段そのおもちゃで遊んでいなかったり飽きてしまったと感じたりしていても、いざ捨てるとなると嫌がる子供もいます。「子供に意見を聞いていては、断捨離が進まない」という場合、おもちゃをクローゼットや押し入れの奥にしまい込んで子供の様子をしばらく見てみましょう。おもちゃがなくても本人が気づかないようであれば、捨てても問題なさそうです。

おもちゃの正しい処分方法

おもちゃの捨て方は? 寄付やリサイクル、電池入りおもちゃの処分方法も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

おもちゃを捨てる時は素材やサイズ、電池の有無などによって処分方法が異なるので確認が必要です。代表的なおもちゃを以下にあげました。詳しい処分方法は自治体により異なるので、ゴミ捨てガイドブックやホームページなどを参考にしてください。

正しい処分方法1:大型のおもちゃ

大型のおもちゃを処理する場合、「ゴミ袋に入れば通常ゴミとして廃棄可」「1辺が30cm以上であれば粗大ゴミ」など自治体によってルールが異なります。
粗大ゴミとして処理すると処分料金がかかってしまうため、組立て式のおもちゃはなるべく小さく分解したほうがお得です。分解した部品を可燃ゴミ(紙・木など)と不燃ゴミ(金属・ガラスなど)に分別すれば、少し面倒ですが普通ゴミとして処理できることもあります。
プラスチックは可燃ゴミか不燃ゴミか自治体によって異なるため、よく確認してください。不燃ゴミは回収日に合わせて解体すると効率よくおもちゃを処分できますね。

正しい処分方法2:電池入りのおもちゃ

電池で動くおもちゃの場合、電池を取り出せる物は外して捨てましょう。電池を入れたまま処分してしまうと発火する可能性があります。電池を外した本体は可燃ゴミや不燃ゴミとして処分します。電池の処分方法は自治体により異なるので確認してください。ボタン電池や充電式の電池であれば、家電販売店や回収業者に引き取ってもらいリサイクルする方法もあります。

正しい処分方法3:ぬいぐるみや人形

布製のぬいぐるみや樹脂製のフィギュアなどは可燃ゴミとして処理できますが、子供が大切にしていたと思うとかわいそうに思われて捨てづらいですよね。ゴミ袋に入れる時に子供と一緒に「ありがとう」と声をかけたり、紙袋や包み紙にくるんで捨てたりすると子供も安心してぬいぐるみや人形とお別れできるかもしれません。

  • 供養をする代わりに塩と一緒にゴミ袋に入れる
  • 回収業者への配慮として袋を2重にして外からはぬいぐるみや人形とわからなくする

などの方法もおすすめです。

正しい処分方法4:プレイマット・メリー

プレイマットやメリーを処分する時は、大型おもちゃと同じようにパーツごとに可燃ゴミと不燃ゴミに分別して捨てましょう。大きさによって粗大ゴミとして処分する場合もあるので確認が必要です。