不幸を引き寄せる人の特徴は?不幸ばかりなのは自分のせい?不幸を呼ぶ人の原因、不幸な人のスピリチュアルな意味、不幸を断ち切るための対策について解説します。

不幸なことばかりが起きたり、最近不幸続きだったりする人もいるでしょう。不幸を引き寄せる人には、共通する特徴があります。逆に言えば、それを改善することで対策ができるということです。

そこでこの記事では、不幸を引き寄せる人の特徴や不幸を断ち切るための対策を紹介していきます。

不幸を引き寄せる人の特徴15個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
(1)ネガティブ
(2)人の悪口ばかり言う
(3)自虐ネタばかり言う
(4)コミュニケーション能力が低い
(5)責任転嫁する
(6)なかなか行動しない
(7)自分の意見がない
(8)がさつな性格
(9)自分のことが嫌い
(10)自分を不幸だと思っている
(11)人に依存する
(12)遅刻癖がある
(13)嫉妬心が強い
(14)努力しない
(15)忍耐力がない

不幸を引き寄せる人の特徴としては、ネガティブというものが挙げられます。マイナスに物事を考え、何をするにしても失敗することを想定してしまう人っていますよね。そのような人は自分が嫌いで、自分という存在を否定しているため、不幸を引き寄せてしまいます。

また、がさつな性格も不幸を引き寄せる人の特徴です。遅刻癖があったり、いざというときに頑張れなかったりする人は、自分から成功を手放しています。努力もしませんし、忍耐力がなく、一つのことを長続きさせられないため、結果的に不幸になってしまいます。

他にも、人の悪口ばかり言う人も不幸になりやすい人です。相手の悪いところばかり見ていると、人を信じることもできなければ、人間関係もうまく構築できませんよね。それにより様々な不幸を引き寄せることになります。

不幸を呼ぶ人の原因

不幸を呼ぶ原因としては、自分自身の性格が原因となっていることが多いです。ネガティブな人は様々な出来事を悲観的に捉えてしまいますよね。しかしポジティブな人であれば、同じことが起きたとしても、それを良い出来事として捉えます。

それを良いことと捉えるか、悪いことと捉えるかはその人次第です。そのため、様々な出来事を悪いことと捉える人はその分だけ不幸が増えてしまうのです。

また、悪口を言ったり、相手の悪いところばかり見ていたりすると、人間関係に大きな影響が出てしまいますよね。そのような人と仲良くしたいと思う人は少ないため、結果的に人間関係の中で様々な不幸を引き寄せてしまうことになります。

そして努力しなかったり、我慢できなかったりすると、恋愛や仕事、学業など様々な物事で失敗が多くなってしまいます。欲しいものが手に入らなくなれば、それは不幸となりますよね。そのため、不幸になる人は自分の性格に原因があることが多いのです。

不幸と引き寄せの法則

引き寄せの法則により、不幸を引き寄せてしまう人もいます。引き寄せの法則とは、自分の中の強い感情に現実が引き寄せられる現象のことです。絶対成功すると思えば成功を手にできますし、逆に失敗することばかり考えていれば、本当に失敗してしまいます。

そのため、物事をネガティブに考えてしまう人だったり、弱気で何事もマイナス思考であったりする人は、自分が予想した不幸を引き寄せてしまうことになります。

このようにして不幸を自分自身で生み出している人もいるため、ポジティブに物事を考えることが大切なこととなるのです。