お風呂で読める絵本は、水やお湯で色が変わるなど、お風呂だからこそ楽しめる工夫がたくさん! お風呂に入りたがらない…お風呂が嫌い…という子供にもおすすめで、楽しいお風呂タイムにしてくれるアイテムです。お風呂で読める絵本の魅力や選び方、おすすめ商品を紹介します。

お風呂で読める絵本の魅力!

子供とお風呂の時間を楽しく過ごすことはなかなか大変ですよね。お風呂で読める絵本は水に濡れても大丈夫なので、「子供に楽しくお風呂に入ってほしい」「お風呂を嫌がる子供に入りたいと思えるきっかけを作りたい」と思っているパパママにおすすめです。お風呂で読める絵本の魅力を紹介します。

0歳からお風呂で遊べるおもちゃの1つ

お風呂で読める絵本のおすすめ14選! イヤイヤ期の子供や0歳の赤ちゃんにも人気!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

0歳児は、水に慣れていなくて泣いてしまう、ママが体を洗っている間に泣いてしまう…ということはよくあるでしょう。3分でいいからじっとしていて欲しい時、機嫌よくいて欲しい時に濡れてもいい絵本はお役立ちアイテムの1つです。また、お風呂で読める絵本は濡れても大丈夫なので、何でも口にしてしまう赤ちゃんにはぴったりですよね。

イヤイヤ期、お風呂嫌いの子供が楽しくお風呂に入れる

お風呂で読める絵本のおすすめ14選! イヤイヤ期の子供や0歳の赤ちゃんにも人気!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

しっかり自分で立てるようになりお風呂も少し楽になってくるかな、と思い始めた頃にイヤイヤ期がやってきます。お風呂に入るのがイヤ、体を洗うのがイヤ、湯舟に入るのがイヤ…となんでもかんでもイヤイヤされるとパパママもぐったりですよね。

お風呂で読める絵本は、イヤイヤ期を迎える2歳~3歳くらいの子供が楽しめる内容のものもあり、お風呂でしか読めない絵本! という特別感や楽しさでお風呂に進んで入ってくれるきっかけ作りになるでしょう。子供が好きなキャラクターや興味を持っている内容など、子供が楽しめる内容の絵本を選んであげるとより効果的ですよ。

お風呂で親子のコミュニケーションが取れる

お風呂で読める絵本のおすすめ14選! イヤイヤ期の子供や0歳の赤ちゃんにも人気!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

絵本を読む時間は親子の大切なコミュニケーションの時間ですよね。パパママが忙しくてなかなかゆっくりと絵本を読む時間が持てなくても、お風呂に浸かっている間に絵本によるコミュニケーションを取ることができます。お風呂の時間を有効活用でき、お風呂も楽しくなれば一石二鳥です!

お風呂で読める絵本の選び方

お風呂で読める絵本はたくさん種類があるので何を選んで良いか迷ってしまいますよね。選ぶポイントをいくつか紹介します。

好きなキャラクターが描かれている

お風呂で読める絵本のおすすめ14選! イヤイヤ期の子供や0歳の赤ちゃんにも人気!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

お風呂で読める絵本を選ぶ時、子供が興味を持ってくれるか、は重要ですよね。子供は好きなキャラクターがあるとそれだけで興味を持つので絵本を読むきっかけにもなります。アンパンマンやディズニーなど、子供の身近なキャラクターの絵本は子供心をくすぐり、お風呂に入るのが楽しくなるのではないでしょうか。

水やお湯で色が変わる

お風呂で読める絵本のおすすめ14選! イヤイヤ期の子供や0歳の赤ちゃんにも人気!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

お風呂で読める絵本には、水やお湯をかけると色が変わるタイプがあります。その性質を上手く利用した絵本は、内容がクイズ形式になっていたり、1つのシーンでも水やお湯をかけていない場合とかけた場合で変化が見られたり、子供も大人も楽しむことができるでしょう。水やお湯をかけると色が変わるものであれば、なんで色のついていない水で色が変わるんだろうと興味を持つかもしれませんね。4~5歳になるとその「なんでだろう?」の気持ちが興味を広げ知りたいという意欲にもつながりますよ。

クイズが楽しめる

言葉が分かるようになるとクイズも親子のコミュニケーションに一役買いますよね。クイズを出し合うとコミュニケーションになるだけではなく、遊びながら言葉の意味や知識も身につきやすいでしょう。クイズに正解すると子供はとても喜ぶのでたくさん褒めてあげると楽しい時間がさらに楽しく心にも残る時間になりますよ。年齢に合ったクイズの絵本をぜひ探してみてはいかがでしょう。

ことばや数字が学べる

お風呂で読める絵本には、言葉や数字が学べるものもあります。お風呂のちょっとした時間で、言葉や数字に興味を持って覚えていけるといいですよね。お風呂は毎日入るので、お風呂の時間に言葉や数字の絵本を楽しむ習慣が出来れば、無理なく言葉や数字を覚えることができるでしょう。