「いないいないばあ」の絵本は、妊娠中は胎教として、産後は0歳の赤ちゃんにも読み聞かせをするのにぴったりです。読み聞かせをすると赤ちゃんが笑ってくれる、などの声も多いですよね。有名な1冊の他にも「いないいないばあ」の絵本があるので紹介します。

「いないいないばあ」は赤ちゃんの絵本の読み聞かせにぴったり!

いないいないばあの絵本おすすめ10選 有名・人気のいないいないばあ絵本を紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

「いないないばあ」の遊びを題材にした絵本は、お話をまだ理解出来ない赤ちゃんでも楽しめるので、初めての読み聞かせにぴったりです。

松谷みよ子さん作の「いないいないばあ」が大人気

いないいないばあの絵本おすすめ10選 有名・人気のいないいないばあ絵本を紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

「いないないばあ」の絵本といえば、松谷みよ子さんの作品が有名ですね。1967年に出版されていますから、今の子育て世代のパパママも、子供の時に読んでもらったかもしれませんね。松谷みよ子さんの「いないないばあ」は動物などが登場し、顔を隠しては、顔を出すを繰り返すシンプルな内容の絵本となっています。

しかけ絵本やキャラクターが描かれた「いないいないばあ」の絵本も

いないいないばあの絵本おすすめ10選 有名・人気のいないいないばあ絵本を紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

いないいないばあの絵本には、しかけ絵本タイプも多く、手を動かして「いないないばあ」させたり、キャラクターが飛び出したりと、ただ見るだけでなく赤ちゃんが手を使って楽しめる要素もあり人気です。また海外絵本の「いないないばあ」も翻訳され出版されています。「いないないばあ」という遊びは日本だけではなく、世界共通の親子コミュニケーションとして親しまれているのですね。