新型コロナウイルスの感染拡大を受けて観光客が激減しているハワイ。
こんな時こそ、オンラインショッピングをしてハワイを応援してみませんか?

今回は、ハワイのオンラインショップを利用する際に覚えておきたいことをご紹介します。

配達先の書き方と「Billing Address」・「Shipping Address」について

参照:REYN SPOONER

ハワイのオンラインショップを利用するときは、配送先をローマ字で記入しなければなりません。

住所の書き方が日本とは逆で、建物名→番地→町名→市区町村→都道府県の順番になります。

たとえば架空の住所「神奈川県横浜市中区港町1丁目2−3港マンション808号室」の場合、「#808 Minato Mansion 1-2-3 Minato-cho , Naka-ku Yokohama-City Kanagawa-Pref Japan」と記入します。

ポイントは、部屋番号の前につける「#」と、最後の「Japan」です。

また、ハワイを含め海外のオンラインショップでは「Billing Address」と「Shipping Address」と、住所の種類が分かれていることがあり、これにも戸惑います。

「Billing Address」は「請求先」の住所のことで、この場所にはクレジットカードに登録してある住所を記入します。

一方、「Shipping Address」は荷物の「配送先」を記入しますが、ほとんどの場合同じ住所を記入すれば問題ありません。

配送方法と注意点

ハワイのオンラインショップサイトでは「UPS」や「USPS」、「DHL」など複数の配送会社を選べることがあり、どの会社を選んだら良いのか迷ってしまうことが良くあります。

購入した商品より送料が高くなることもありますが、一般的に送料が高いものは配送日数が短くて信頼性も高いです。

一方、安いものは日数もかかるし信頼性もそれなりなので、その辺りのバランスを考えて選択すると良いでしょう。

忘れてはならないのが、荷物の追跡情報が確認できる「トラッキング」が可能な運送方法を選ぶこと。

たとえばUSPS(アメリカの郵便局)の「First Class Mail International」は、配送料が安くてもトラッキングができないので要注意です。

もちろん、表示される配送料は必ず確認するようにしてください。