生まれつき一重や奥二重で、パッチリな目元を目指してデカ目メイクをしたり二重に憧れたりすることもありますよね。

目元は顔の印象を大きく変える部分なので、目が小さいことに悩みコンプレックスに感じている女性は多いはず。
今回の記事では「デカ目になりたい!」と思っている女性へ、自分で簡単にできる方法から整形まで幅広くご紹介します♡ぜひ参考にしてみてください!

目が小さく見える原因

目を大きくする方法
(画像=JOERAより引用)

目を大きくする方法についてご紹介する前に、まずは、目が小さく見える原因について知っておきましょう♪

目が小さく見える原因① 一重 or 奥二重である

目を大きくする方法
(画像=JOERAより引用)

日本人の黒目の大きさは、老若男女問わず、約11~12mmだと言われています。
しかし、一重や奥二重の場合、上まぶたが黒目に覆いかぶさり隠れてしまうので、二重の人よりも黒目が小さく見えてしまうのです。

また、一重や奥二重の人は、二重の人のようにまぶたが重なり合っている部分がないので、目の縦幅が短くなり、目が小さく見えやすいのです。

目が小さく見える原因② 目の周りのむくみ

目を大きくする方法
(画像=JOERAより引用)

朝起きたときに目元が腫れぼったく、むくんでいるのも、目が小さく見える原因のひとつ。
なぜなら、目の周りは顔の中でも特に皮膚が薄い部分なので、ちょっとしたむくみでも目立ちやすいのです。

たとえば、目のむくみの原因には「運動不測や身体の冷えによる血行不良」、「長時間のスマホやPCの使用」、「睡眠不足」、「塩分やアルコールの摂取」、「まぶたをこする癖」などがあげられます。
よって、日常の中でも意識的に目のむくみ対策が必要となるでしょう。

目が小さく見える原因③ 目の周りの筋肉の衰えや加齢

目を大きくする方法
(画像=JOERAより引用)

目元には、まぶたを支えるための筋肉があります。
しかし、加齢により筋力が衰えると、目の周りの筋肉が重力に抵抗できなくなり、まぶたのラインが下がってきます。

つまり、まぶたのラインが下がることで黒目が隠れ、目が小さく見えてしまうのです。
そのため、重く感じられるまぶたの原因は、むくみだけでなく筋力の低下による可能性を視野に入れなくてはなりません。

目を大きくする方法① アイメイク

目を大きくする方法
(画像=JOERAより引用)

簡単に目を大きくする方法のひとつが、アイメイク!
ちょっとしたアイメイクテクを使うだけで、一重や奥二重の目を大きく見せることができるのです♡

目を大きく見せるアイメイク① アイシャドウで立体感を作る

目を大きくする方法
(画像=JOERAより引用)

アイシャドウできれいな陰影をつけると、立体感が演出でき、目を大きく見せることができます。

アイホール全体に薄めのベースカラーを乗せ、なじませます。
上まぶたのキワと下まぶたの目尻から3分の1に、締め色となるカラーを入れます。
下まぶたの目頭から3分の2に明るめのカラーを入れます。
細かいラメが入ったカラーがおすすめです。
最後に黒目のちょうど上に当たる部分にハイライトカラーを入れ、立体感を出します。
2.の締め色となるカラーは、二重の人は二重幅に合わせ、一重の人は上まぶたのキワから2~3ミリの太さで入れると、自然な仕上がりになります!

目を大きく見せるアイメイク② 眉は太く短くを意識する

目を大きくする方法
(画像=JOERAより引用)

上の画像では同じ大きさの目のイラストを使っていますが、眉が太く短い右側のイラストのほうが、何となく目が大きく見えませんか?
実はこれ、目の錯覚を利用したメイクテクなのです!

画像を見ていただくと、細く長い眉よりも、太く短い眉のほうが目が大きく見えて、黒目も印象的に映ります。
目を大きく見せたいときは、太く短い眉を意識するようにしましょう。

目を大きく見せるアイメイク③ 涙袋をつくる

目を大きくする方法
(画像=JOERAより引用)

目を大きく見せる方法として有名な涙袋。
目元に涙袋があるかないかでは、目の印象も大きく変わってきます。

ピンクやオレンジ系のアイシャドウを下まぶたのキワ全体に入れます。
アイシャドウの下をなぞるように、ブラウン系のアイブロウペンシル、もしくはアイブロウパウダーでラインを引いていきます。(目安としては目頭から半分程度のところまでラインを引きましょう)
指や綿棒で軽くぼかしたら完成です。
二重の人は、上まぶたの二重幅に合わせた太さの涙袋を描くと自然に見えます。
反対に一重の人の場合、涙袋を太く描きすぎてしまうと違和感が出るので、下まぶたのキワから2~3ミリの幅を意識しましょう。

目を大きく見せるアイメイク④アイプチで二重を作る&幅を広げる

アイプチは、まぶた用の粘着リキッドを塗って皮膚を折り込むことで二重を作ります。
初心者の方や苦手な方は失敗することもありますが、慣れると簡単に二重が作れるお助けアイテム。

使い方は簡単です!

1.まぶたを化粧水などをコットンで拭き取り清潔にします。
2.付属のプッシャーで、二重の位置を決めます。
3.まぶたにアイプチを薄く塗り、完全に乾くまでまぶたを閉じます。
4.プッシャーでまぶたの中央を軽く押しながら、ゆっくり目を開けます。

ポイントは、自分に合った二重幅を把握しておくこと。
まぶたに厚みがある場合は、広く取りすぎると失敗の原因になるので注意です!

目を大きくする方法② カラコン

目を大きくする方法
(画像=JOERAより引用)

「簡単にデカ目になりたい」という女性に打ってつけなのが、カラコン!
たとえば、簡単に目を大きくする方法を探している方には、黒目を大きく見せるカラコンを使ったテクがおすすめです♡

自分に合うカラコンを選ぶコツ

目を大きくする方法
(画像=JOERAより引用)

さまざまなブランドから発売されているカラコンですが、選ぶときにはいくつかのコツがあるのでご紹介いたします!

自分の目に合うサイズを選ぶ

目を大きくする方法
(画像=JOERAより引用)

カラコンのサイズが大きければ大きいほど、目も大きく見えそうな気もしますが、実はそうではないのです。
瞳には黄金比率と呼ばれるものがあり、白目と黒目の割合が1:2:1になる比率が、瞳が一番美しく見えると言われています。
カラコンを選ぶときは、この『瞳の黄金比率』に合わせてサイズを選ぶようにしましょう!

瞳の黄金比率の測り方は簡単。
まずは鏡を見ながら目の下に定規を当て、目の横幅を測ります。
測りにくい場合は、スマホのカメラで自撮りすると、しっかり長さがわかります。
あとは比率に合わせて計算するのみ!
計算方法は「目の横幅÷2=自分にピッタリのカラコンの直径サイズ」となります。

フチありかフチなしかを選ぶ

目を大きくする方法
(画像=JOERAより引用)

カラコンには、フチあり(レンズの周囲にフチが入ったもの)と、フチなし(レンズの周囲にフチが入っていないもの)があります。

一般的にフチありは、カラコン感が出やすく、黒目をはっきりと大きく見せてくれます。
反対にフチなしは、カラー次第ではカラコン着用がバレにくく、自然な仕上がりになります。
よって、フチの有無は印象を左右するため自分の好みや理想の目に合わせて決めましょう。