新潟県十日町市にある「道の駅クロステン十日町」。ホームページやインターネットの口コミ・評判だけではわかりにくいところがありますよね。そのため、徹底取材を⾏ってきました。来訪前の参考にしてください。

どんな施設ですか?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

「道の駅クロステン十日町」は昭和58年にスタートした道の駅です。道の駅に登録される前は十日町市合併前の10市町村がお金をだしあって作った、十日町地域地場産業振興センターとして機能していましたので、道の駅らしくないビルのような見た目であることも特徴となっています。

施設の1Fには、魚沼エリアでは最大の販売面積を誇るお土産館があり、その奥には着物の街にちなんで、和のグッズを販売する和装工芸館があります。和装工芸館には和装や工芸品などのテナントが4店舗入っていますので、日ごろ触れることの少ない和装の美しさに触れたり、ハレの日用の和装やグッズなどを購入することが可能です。

十日町の地域は、和装工芸館にある着物などの絹織物をはじめとして、農産加工品、酒造、木工芸などの幅広い地場産業があります。これら地域産業の振興を中心とした目的に作られた拠点が、この場所だったというわけです。

ちなみに十日町が着物の街と言われているのは、京都・金沢と並ぶ着物の産地であった名残から。現在は出荷額自体は下がりましたが、京都や金沢の着物や、アイヌの民族衣装や琉球の華織など技術の保全を目的とした依頼が今でも集まる地域なんです。古くから培った技術力の高い地域ですので、日本の着物文化を支える役割も担っている場所となっています。

当施設にお越しの際は、着物文化が根付いている象徴ともいえる『幸せを呼ぶ傘吊るし雛』をぜひご覧いただきたいです。色々な吊るし雛を見て周られているお客様にも大変好評で、「十日町の吊るし雛がこれまでで一番素敵です」と言われることもあります。ギネス認定もされており写真にも映えるスポットですので、たくさんの方にみていただきたいですね。

このような文化を踏まえ、当施設の「クロステン」という名称は、着物の街にちなんだcloth(布)と、十日町を訪れる人や産業が交差しながら行き来するcrossなど、地域にまつわるさまざまな意味を込めたものとなっています。日本でも有数の雪深い地域ですが、その分他では食べられない新鮮なお米や農作物、お酒や加工食品など、食文化も非常に豊かな地域です。

着物を中心とした幅広い地場産業以外にも、十日町ならではのお土産をたくさん取り揃えていますので、ぜひお近くにお越しの際はお気軽にお越しください。道の駅らしくない珍しい外観ですが、ゆったりと地域の雰囲気を感じながら、色々なシーンで楽しんでいただけると思います。

人気のお土産を教えて下さい。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

当施設で人気のあるお土産は、新潟の名物でもある「へぎそば」です。「へぎそば」というのは、ざるに一口大に盛られたお蕎麦で、つなぎにはふ海苔という海藻を使用しているので、のどごし良く食べることができます。十日町は同じく蕎麦の産地である信州にも近い地域なのですが、信州の方でも「へぎそば」が一番好きとおっしゃる方も実は少なくないほど、美味しいお蕎麦です。

また、新潟は米どころであり酒どころでもありますので、お米やお酒もお土産に人気があります。今では魚沼産コシヒカリが全国的に有名ですが、私たちの地域は元々の地名を「中魚沼郡十日町」といい、以前の魚沼地域の文字通りど真ん中にありました。そのため、現在当施設で扱う農家直送のお米も、抜群に美味しいお米で人気の高い商品です。

そして、お酒に関しては地域の2つの酒蔵のものを用意しています。この酒蔵はそれぞれ味わいがまったく異なりますので「辛口のすっきり」か「とろっとした旨口」かを、お好みに合わせて購入することが可能です。両方購入してみて、飲み比べするのもおススメですね。

実は十日町周辺はお酒の自家消費も非常に高い地域と言うこともあり、酒蔵が出荷する約7割を地域で消化するほど。だから当施設に来れば、市場にあまり出回っていないお酒が購入できるということで、お土産としても非常に好評をいただいています。人口当たりの居酒屋件数も日本一の地域ですので、クロステン周辺の飲食店でのお食事も、ぜひお楽しみいただければと思います。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

おすすめの食事やランチメニューについて教えて下さい。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

当施設でのお食事は、1Fにあるレストラン「つまり食堂」で食べられる、へぎそばや妻有ポークを使用したメニューがおススメです。どちらも新潟ならではの食事で、特に妻有ポークは人気の食材のひとつ。ご当地の味を求められている方には、ぜひお試しいただきたいメニューです。

妻有ポークは「丸の内オリンピッグ2013」という豚肉の食べ比べイベントにて、全国の料理人の皆さんにも認められた十日町のブランドポーク。小さいときから無投薬で育てている品種で、脂の溶ける温度が非常に低く、口に入れると溶けるように旨味が広がりを感じられる豚肉なんです。

この妻有ポークを使った「妻有ポークかつ丼」は、ぜひ食べてみて欲しい一品です。へぎそばとセットで食べられるメニューもありますので、新潟の味を一度に味わいたい方は一緒に食べるのもおススメしています。

またパンが好きな方なら、妻有ポークを使った「カツサンド」もおススメです。柔らかくてくちどけの良い肉質ですのでサンドイッチにしても相性が良く、女性でもペロッと食べられます。お子様からお年寄りまで、幅広い年代の方が召し上がっていただけるメニューがありますので、お食事もゆっくりとお楽しみください。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)