子供の初めての自転車に検討される「へんしんバイク」は、その名の通りペダルなしの「ストライダー型」からペダルをつけて小さな自転車に「変身」させられる商品。体験談をもとに、ストライダーとの違いや自転車への移行をレポートします。

へんしんバイクとは?

へんしんバイクで自転車にすぐ乗れた? ストライダーとの違いは? 体験レビュー!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

へんしんバイクは、ペダルの取り外しができる子供用自転車です。最初はペダルなしでバランスバイクのように操作し、バランス感覚を補い、慣れてきたらペダルを後付けできます。ペダルを取り付けるだけで自転車になるため、子供は違和感なく自転車にシフトできます。慣れた車体でペダルを漕ぐことに専念できるため、自転車に乗るハードルが低くなるのがポイントです。

2020年には新モデル「へんしんバイク2」が誕生

2010年に誕生し、人気を博している「へんしんバイク」ですが、2020年に新モデル「へんしんバイク2」が誕生しました。大きな違いは2歳から楽しめることです。2つの機種のスペックを比べてみましょう。

へんしんバイク へんしんバイク2
重量 6.0kg 4.5kg
推奨年齢 3~6歳 2~5歳
サドル高さ 37.5cm 33cm
ペダル着脱 自転車店を推奨 自宅で可能
価格 15,700円 20,000円(税抜)

へんしんバイクが変えるお店は?

へんしんバイクは全国1000店以上の自転車屋さんで購入することができます。また、へんしんバイクの公式ホームページからも購入可能。Amazonや楽天等のショップでは取り扱いがないので注意してください。

へんしんバイクは何歳から何歳まで楽しめる?

へんしんバイクで自転車にすぐ乗れた? ストライダーとの違いは? 体験レビュー!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

「へんしんバイクを子供に与えたいけど、何歳からがぴったり?」と悩みますよね。へんしんバイクの公式サイトをチェックすると、推奨年齢は3歳から6歳、2020年に新しく発売された「へんしんバイク2」は2~5歳です。しかし、へんしんバイクは明確に何歳からと決まっているわけではなく、おおよその身長で判断しましょう。
へんしんバイクの公式サイトでは、身長やペダルなしのバランスバイクへの慣れ具合などから、子供に合ったサイズを提案してくれる「サイズ選びナビ」があるので、利用してみるといいでしょう。

年齢だけではなく、子供の身長もチェックして乗り始めよう!

公式な身長制限もありません。サドルの高さは「へんしんバイク」は37.5センチと平均的な3歳児の股下サイズほどです。「へんしんバイク2」では、33cmと2歳児から乗れる高さになっています。しかし、あくまで平均であり、子供によって体格も違います。年齢ではなく、子供の身長で判断するのがよいでしょう。3歳~6歳児の平均身長はおおよそ93センチ~119センチほど。子供の身長が達したら、購入を検討してみましょう。

へんしんバイクとストライダーの違い

へんしんバイクで自転車にすぐ乗れた? ストライダーとの違いは? 体験レビュー!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

気になるのが、ストライダーとへんしんバイクの違いです。2つはそっくりの商品ですが、材質や性能、価格面など違う点がたくさんあります。違いを一覧表にまとめたので、検討の材料にしてください。

へんしんバイク へんしんバイク2 ストライダー
対象年齢 3歳~6歳(推奨) 2~5歳(推奨) 1歳半~5歳
価格 15,700円(税抜) 20,000円(税抜) 11,990円~
(税込・レギュラーモデル)
タイヤの材質 ゴム製 ゴム製 EVA樹脂
ブレーキ あり あり なし
スタンド あり あり なし
重量 バランスバイクモード(ペダルなし)で5.3 kg /キッズバイクモード(ペダルあり)で7.5 kg バランスバイクモード(ペダルなし)で4.5 kg /キッズバイクモード(ペダルあり)で6.6 kg 2.5~3㎏
その他 幅広タイヤでバランスが取りやすい/子供でも握れる小型ブレーキ 2歳から乗り始められるサイズ へんしんバイクよりも軽く、早く乗り始められる

ストライダーのメリットはなんといっても軽さですが、一般的な子供用自転車の重さはおよそ10キロほど。いざ子供用自転車に乗り換えた時に、重くてバランスが取れず、うまく乗りこなせない可能性があります。へんしんバイクならペダルを付けても子供用自転車との重量差は3キロ程度。子供の負担になりにくく、スムーズに自転車に移行できるメリットがあります。