一緒にいるとイライラする人の特徴は?職場や友達、家族、彼氏や彼女で一緒にいるとイライラする人の特徴や、スピリチュアルな意味、対処法などについて解説します。

特定の人にイライラとした経験はありませんか?一緒にいるとイライラする人はいるけど、どうして自分がイラつきを感じるのか原因が分からない人もいるでしょう。

人としての相性が関係する場合もありますが、接する人をイラつかせる言動をする人というのはいるのです。

そこで今回は、一緒にいるとイライラする人の特徴を紹介していきます。どうしてイライラするのか把握すれば、イラつきを感じる頻度が少なくなるでしょう。

一緒にいるとイライラする人の特徴25個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
(1)人の話を聞かない
(2)自己中心的
(3)自慢話をする
(4)長々と話す
(5)態度がころころ変わる
(6)人のあら探しをする
(7)見下した態度をする
(8)思いやりに欠ける
(9)決断をしない
(10)常にマイナス思考
(11)食べ方が汚い
(12)清潔感に乏しい
(13)自分の意見を隠す
(14)文句や悪口ばかり言う
(15)笑わない
(16)落ち着きがない
(17)人の邪魔をする
(18)我慢をしない
(19)時間にルーズ
(20)嘘をつく
(21)空気を読まない
(22)感情的になる
(23)偉そうな態度をする
(24)他力本願
(25)現実を見ていない

多くの人が自己中心的な言動をしているでしょう。その場の空気を読むことはなく自分が思ったことばかりを主張したり、人の話に耳を傾けることはありません。

また、自分の自慢話をしたり他の人の悪口や文句を聞かせてくるのです。相手によって態度を変えたり、その時の自分の気分次第でころころと話す内容や意見を変えることもあります。

なかなか自分で決断をしない場合にも、一緒にいる人がイライラしてしまうでしょう。自分中心的な言動をする人にもイライラとしてしまいますが、反対に大人し過ぎる場合にもイライラとしてしまう場合もあるのです。

いつもマイナス思考でネガティブに考える人や、周りの意見を気にして自分の意見を隠してしまうタイプの人達も、一緒にいるとイライラしてしまいます。

一緒にいるとイライラする人の中には清潔感に乏しい人もいたり、見た目だけでダラシないと感じてイラつきを覚える場合もあるでしょう。

職場で一緒にいるとイライラするする人の特徴

職場では、何事にもマイペースな人にイライラしてしまうものです。マイペースな人は、周りの状況や仕事のペースに応じた動きや仕事の処理をしません。臨機応変に対応するということをしないため、周りの仕事にも影響が及ぶ場合もあるのです。

また、人の仕事の仕方に文句や愚痴ばかりを主張して、自分で仕事をしようとしない人もいます。そして上司でもないのにいつも命令口調で接する人や、面倒なタイプの仕事をやろうとしない人にも、イライラするものです。

仕事が認められた場合だけ自分の仕事だと主張をするタイプの人も、一緒にいるとイライラしてしまうでしょう。

友達で一緒にいるとイライラするする人の特徴

友達の場合にはハッキリと何でも言ってしまう人や、友達の価値観を受け入れない人にイライラしてしまうものです。親しい関係であれば何でも言い合うことができますが、時には相手を傷つけてしまう場合もあります。

友達を傷つける言動をしたり価値観を否定する言動をされると、思いやりに欠けると感じてイライラしてしまうでしょう。

また親しい友達だからといって、約束の時間に平気で遅れて来たりドタキャンをする場合にも、一緒にいるとイライラしてしまい関係に亀裂が生じる場合もあるのです。

友達という関係にも関わらず、まるで部活の先輩・後輩のような態度を取る人もいますが、どんな状況でも指示をするような口調の場合にもイラつきを感じます。

家族で一緒にいるとイライラするする人の特徴

干渉し過ぎる場合や、頭ごなしに意見をダメ出しする場合には、家族であってもイライラするでしょう。プライバシーといったものに配慮をせずに、世間体ばかりを気にしてしまうからです。

また同じ家族であるにも関わらず、対応に差がある場合にもイライラを感じてしまいます。

兄や姉だからという理由で犠牲や我慢を強いられるなどの場合もあり、反対に弟や妹には好きなことを自由にさせる場合にも、イライラする原因になるでしょう。

相手が両親であれば、親が思い描くとおりの人間になって欲しいという期待や希望を押しつけられて、自分の自由を奪われることにイライラする場合もあるはずです。そして家族だからという理由から、負担をかけても当然だと考えている人に対しても、イライラしてしまいがちになります。