新潟県長岡市西蔵王にある「金峯神社(きんぷじんじゃ)」。四季折々の色鮮やかな花手水が評判の神社ですが、ホームページの情報だけでは分からないところがありますよね。そこで、今回は徹底取材を行ってきました。観光や参拝前にチェックしてくださいね。

新潟県長岡市西蔵王にある「金峯神社」へ取材に⾏ってきました。「ホームページの情報だけではよく分からない」「インターネット上の⼝コミや評判だけではよく分からない」という⽅は、ぜひ参考にしてください。

取材先の神社名:金峯神社(きんぷじんじゃ)
取材する方:権禰宜 増川克彌さん

どんな神社ですか?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

金峯神社は、新潟県長岡市西蔵王にある中越総鎮守の神社です。近隣の方々には「蔵王(ざおう)さま」と呼ばれ、親しまれております。

長岡市北西部に欅(けやき)の大木が茂る一帯があり、その森の中に金峯神社がございます。境内は約6000坪に及び、蔵王堂城跡に隣接し、自然と伝統の豊かな地に鎮座しています。

和銅2年(709年)に元明天皇の勅願により、北方地方の平安を守るために創建されました。大和国吉野(現在の奈良県の中央部)の金峯山寺の本尊仏である蔵王権現の分霊を移してまつり、その名から金峯神社と崇敬されています。

仁治3年(1242年)当時、越後中越地方の中心として栄えていた「産土神 又倉神社」と合祀し、現在地へと遷座しました。その時から神様と仏様を合祀する、神仏習合の独特な文化が栄えていきます。

しかし、明治維新に入って神仏分離の指令を受け、神祇と決して金峯神社と定め、新潟県最初の県社に列しますが、その後に社格が廃止されました。明治40年(1907年)に火災により社殿が炎上し、大正2年(1913)に現在の社殿が建立されました。

平成16年には中越大震災により大被害を受けるも、平成17年に拝殿が竣工いたしました。創建以来1300年の歴史があり、中越地方で最も古い神社の1つです。

神社の見どころを教えてください。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

金峯神社を見てもらうにあたり、まず目にしてほしいところは、本殿へと続く参道の始まりにある大鳥居です。こちらは両部鳥居と呼ばれる種類の造りで、遠くから見ても分かるような見応えのあるものとなっております。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

次の見どころは手水舎です。参道を進み、本殿へと向かう途中にございます。こちらの手水舎では、1年を通して季節ごとの鮮やかな花を浮かべております。「花手水」と呼ばれ、大変人気なものとなっております。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

再び参道を進むと、社殿前に2体の神馬像が置かれています。多くの神社では社殿の前に置かれているものとして狛犬が思い浮かぶと思いますが、当社では流鏑馬(やぶさめ)を夏の大祭で奉納することから、他に類を見ることのない馬の像が置かれております。

最後となりますが、神さまをお祀りしている本殿が瑞垣の奥に鎮座しております。普段はその中を拝見することはできませんが、年に2度ある春と夏の大祭でのみ開扉されます。また、本殿は拝むこともできますので、御祈祷を受ける際などにぜひ注視してみてください。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

このほかに、蔵王堂城跡や蔵王の大欅(おおけやき)といった見どころもございます。大欅は樹齢800年といわれ、昭和38年に長岡市指定文化財の天然記念物に指定されました。四季折々を感じさせる姿を境内にて見せています。

ぜひ足を運んでご覧になってみてください。

ご利益(ご神徳)を教えてください。

金峯神社のご祭神であられます金山彦命は、鉱山守護の神として崇められてまいりました。製鉄、鍛冶のほか、金運・縁結びの御神徳の他に稲作・諸業繁栄のご利益があるとされております。