3歳以上になると、保育園や幼稚園で縄跳び遊びが始まります。小学生になると、体育の授業で長縄跳びが始まるなど、子供にとって縄跳びは身近な遊び。子供の縄跳びの練習には、どんな縄跳びがいいのでしょうか。子供に合った縄跳びの選び方やおすすめの縄跳びを集めてみました。

小学校の体育で必ず学ぶ縄跳び

子供用縄跳びおすすめ16選!縄跳びの選び方のポイントも紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

縄跳びは小学校の体育の学習指導要領にも明記されており、小学校の授業などで必ず取り入れられている運動です。幼稚園や保育園では4~5歳くらいになると練習することが多く、家でも縄跳びをしたいと言いだす子供も多いでしょう。小学校ではクラスのみんなで大縄跳びをすることもあるため、就学前に跳べるようになっていれば安心して小学校入学を迎えることができますよ。

子供用縄跳びを選ぶときのポイント

子供用縄跳びおすすめ16選!縄跳びの選び方のポイントも紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

子供用縄跳びはひもの長さや素材、持ち手の形や素材など、さまざまなものがあります。縄跳びの種類によって上達のスピードに違いが出るため、子供にぴったりの縄跳びを選んであげましょう。家でも縄跳びを練習させたいパパママに向け、子供用縄跳びを選ぶ時のポイントを紹介するので参考にしてみてくださいね。

子供用縄跳びのポイント1:縄の長さは身長+50cm

子供用縄跳びを選ぶポイントのひとつ目はひもの長さです。一般的に「身長+55cm」の長さが理想と言われていますが、小さな子供の場合は「身長+50cm」くらいのひもの長さが理想です。しかし「身長+50cm」の縄跳びを探すのは困難ですよね。そんな時はひもの長さが調節できる縄跳びを選んでみましょう。子供にぴったりのひも長さにすることが可能ですし、身長が伸びたらひもを伸ばして使い続けることができます。

子供用縄跳びのポイント2:ひもの素材選びも大切

子供用縄跳びを選ぶ際は、ひもの素材選びも大切なポイントです。縄跳びのひもの素材は大きく分けてビニールタイプとロープタイプがあります。

ビニールタイプの縄跳び

ビニールタイプの縄跳びは軽いので早く回転させることができます。縄跳びがある程度跳べ、二重跳びなどの少し高度な技を練習したい小学生におすすめです。

ロープタイプの縄跳び

ロープタイプの縄跳びは重量が重いため、ゆっくり跳ぶことが可能です。縄跳び初心者の子供でも扱いやすい素材なので、縄跳びに初めて挑戦する子供や幼稚園や保育園に通う子供におすすめです。

子供用縄跳びのポイント3:握りやすい持ち手を選ぼう

子供用の縄跳びを選ぶ際は、持ち手の素材選びも重要なポイントです。縄跳びの持ち手の素材は大きく分けてプラスチック製と木製があります。木製の持ち手の縄跳びは握りやすく、手に馴染みやすい特徴があります。縄跳びを練習したての子供には、木製の縄跳びがおすすめです。