本物の天才の特徴は?天才は恋愛しない?天才は天才に惹かれる?天才と秀才の違いや、天才の幼少期の過ごし方、本物の天才の日本人などについても解説します。

頭が良いなと感じる人と会ったことはありませんか?テストの点数が良いというだけでなく、普段の会話からでも頭が良いと感じることはあるはずです。

そのような人と出会うと天才だと思うものですが、実は天才ではなく秀才なのかもしれません。天才と秀才は同じだと思われがちですが、根本的な部分でこの2つには違いがあります。

本物の天才とは?秀才との違い

本物の天才というのは、自分の興味がある分野でズバ抜けた結果を残すことができる人になります。天才は興味を抱いた分野への探究心が素晴らしいため、それまでに知られていないことを発見したり、アレンジを加えて進化をさせることができるのです。

また天才のように頭が良く良い結果を出せる人に、秀才と呼ばれる人達がいるでしょう。

頭が良いという点で天才と秀才は同じですが、人一倍努力をして理解をしているのか、それとも努力はあまり必要ではないのかという違いがあります。

天才はそれほど努力をせずとも、何事も理解して吸収することができますが、秀才は人一倍の努力をしており、凡人よりも努力したうえで理解して吸収をしているのです。

本物の天才の性格や言動の特徴30個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
(1)物事を捉える視点が他とは違う
(2)集中力が高い
(3)周りに流されない
(4)頑固者
(5)頭の回転が速い
(6)突出した結果を出す
(7)理解しやすい話し方をする
(8)自分に対して厳しい
(9)努力を苦痛に感じない
(10)マイペース
(11)他人に興味を抱かない
(12)協調性が乏しい
(13)意志が強い
(14)興味がないことにはズボラ
(15)チャレンジを続ける
(16)即決ができる
(17)字が汚い
(18)熱中しやすい
(19)話題が独特
(20)好奇心旺盛
(21)感受性が高い
(22)ポジティブ思考
(23)無邪気
(24)現状に満足しない
(25)集団生活を嫌う
(26)本を読むことが好き
(27)早口で話す
(28)他人を見下す
(29)理解力が高い
(30)1人の時間を過ごす

同じ事柄に対して普通の人とは違う視点で物事を考えることができるのが、本物の天才といわれる人です。本物の天才は先入観や固定概念といったものを持ち合わせておらず、独自の基準があるからでしょう。

自分が興味のある内容に対しては、執着しているといえるほどの集中力を発揮してとことん追求をするような性格をしています。

しかしその反面で自分が興味のない事柄に対しては、一切興味を示さずに適当でズボラな一面を見せるのです。

また天才は独自の基準がありますから周りの人の意見に流されず、自分の目や価値観で納得をしない限りは意見を変えることはありません。そのため、周りの人からは頑固者だという印象になってしまうでしょう。

人が理解をしやすいように話すことができますが、頭の回転と同じ速さで会話をしてしまうため、早口になってしまう場合が多いのです。そして自分の考えている速度で字を書く傾向があり、字が読めないくらい汚いこともあります。

本物の天才の幼少期の過ごし方

幼少期であっても本物の天才は、他の子供とは違う過ごし方をするようになります。

他の子供とは話題が噛み合わないことが多くなり、自分の興味が惹かれる事柄に関する本を読んで過ごすことが多いのです。そして疑問に思うことが出てくると、近くにいる大人に質問をして理解をしようとするでしょう。

また本物の天才は理解力も幼少期から高いために、一度聞いたことは覚えて吸収をします。

周りの子供達が皆んなと仲良く遊んでいても、どこか冷めたような態度で過ごしていることが多くなり、やがて1人で過ごす方が好きになっていくのです。

自宅や学校でも常に1人で本を読んで過ごす時間が多くなっていき、自分と同じ事柄に興味を持っている子供としか友達にはなりません。

天才は天才に惹かれる?

類は友を呼ぶという言葉があるように、天才は天才に惹かれてしまうものです。自分が知らないことを深く知っている人に興味を惹かれ、お互いに刺激し合える相手を好むようになります。

一言で天才といっても、興味を刺激される分野は違う場合もあるでしょう。しかし、お互いの興味がある分野に関わりがある場合には、天才同士にしか分からない話題などが交わせるので惹かれてしまうのです。

また、今までは凡人には理解が出来なかった内容でも熱く語り合えるので、天才同士が理解し合えるまでの時間も必要ありません。そしてお互いの知識を与え合う際でも、頭の回転の速さが似ている傾向が強いため、気を遣わずに気楽に楽しい時間を過ごすこともできます。