常夏のハワイで食べたいものと言えば、ひんやり冷たいスイーツ。
マグノリア・アイスクリーム&トリーツで人気のハロハロは、誰もが満足できるおいしさ!

「ハロハロ」はフィリピンではとても有名なスイーツですが、ロコからも愛され続けています。
今回は創業50年以上の老舗スイーツ「マグノリア・アイスクリーム&トリーツ」をご紹介します。

創業50年以上の人気スイーツ店

参照:@magnoliaicecreamtreats

マグノリア・アイスクリーム&トリーツでは、大きいカップにアイスやフルーツが重なって入っている「ハロハロ」が大人気です。

最近のハワイでは、おいしくてSNS映えするスイーツ店が次々とオープンするなか、ロコからも愛される老舗スイーツ店です。

1969年にカリフォルニアで生まれてから50年以上続いているお店で、現在ではラスベガス、サンフランシスコの他に、ハワイではワイパフ、カリヒ、カポレイ、ワイキキに店舗を構えています。

旅行者がいちばんアクセスしやすいワイキキ店は、インターナショナルマーケット・プレイスの2階にあります。

ショッピングのついでに寄ったり、ビーチまで持って行って食べたりと、旅行中に寄るのにとても便利な場所です。

ハロハロは見た目がとってもカラフルですが、材料には合成着色料は一切使わず、自社工場で作っているので身体にやさしいところもおすすめポイントです。

人気の「ハロハロ」ってどんなスイーツ?

参照:@magnoliaicecreamtreats

ハロハロとはタガログ語で「混ぜこぜ」という意味のフィリピンで定番の氷菓子です。氷にシロップをかけ、さらにその上にフルーツやアイスクリームをのせた、パフェやサンデーのようなスイーツになります。

日本でも、夏の時期にコンビニエンスストアなどでハロハロを見たことがあると思います。

この店で一番人気のメニューは、「マハロハロ」は、お店オリジナルのメニュー。
マハロハロは、なんと9種類ものアイスやフルーツが入っています!

一番上には紫色のウベアイスが乗り、ココナッツシリアル、シェイブアイス、ジャックフルーツ、ココナッツジェル、ヤシ糖、きざみココナッツ、あずき、バナナが層になっています。

上から少しずつ食べて味を確かめてみても良いし、「ハロハロ(混ぜこぜ)」の名の通り、スプーンで一気に混ぜて、ミックスされた味を堪能してみるのもツウっぽくて良いですね。

ミックスされたハロハロは、ウベアイスがほどよく混ざり、濃厚だけどさっぱりとした味です。