ぴょんぴょん跳んで遊ぶトランポリンは、子供が大好きな遊具の一つ。トランポリンは、運動効果も高いのを知っていますか? 期待できる運動効果や、遊び時の注意点、おすすめの家庭用トランポリンを紹介します。

子供の体力が低下している?

子供用トランポリンの運動効果とは? おすすめトランポリン11選も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

スポーツ庁が行っている「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」によれば、現在の子供の体力・運動脳能力を30年前と比較したところ、ほとんどの項目で下回っていることがわかりました。例えばソフトボール投げを見てみると、子供の体力水準が高かった1985(昭和60)年度の11歳の場合、男子は34.0m、女子は20.5m投げるのに対して、2019(令和元)年度の11歳男子は21.6m、女子は13.6mとなり、短くなっています。特に男子の体力低下が著しく、2019(令和元)年度の「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」で体力合計点が過去最低を記録しました。現代の子供は、靴ひもが結べない・スキップができないなど基本的な動作の低下も指摘されています。なぜこのような事態になったのでしょうか。

子供の体力低下の原因は?

子供用トランポリンの運動効果とは? おすすめトランポリン11選も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

子供の運動不足の原因として、生活が便利になり歩く機会や動く機会が減ったことが挙げられます。スポーツ庁が公開している「令和元年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査」でも、一週間の運動時間(体育の授業を含まず)が420分以上である小学生の割合が減少しています。WHOが推奨する運動時間は1日1時間ですが、これに及んでいない小学生が増えているのです。また、運動部や地域のスポーツクラブなどに入っていない小学生の割合も、男子で33.4%、女子で53.9%います。

子供が運動する機会が減ったのは、塾などの室内学習の増加やスマホ・ゲームによる外遊びの減少・子供の遊び場である空地の減少も原因と考えられます。外遊びは子供の身体能力向上に必要ですが、現代社会ではなかなか思うような場所や環境がないのが現実です。場所を取らず、気軽に運動不足を解消したいと思ったら、トランポリンがおすすめです。

トランポリンの運動効果とは?

子供用トランポリンの運動効果とは? おすすめトランポリン11選も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

子供はベッドやソファで飛び跳ねるのが大好きです。飛び跳ねることは、体幹や脳の発達を促す効果があります。トランポリンは気軽に飛び跳ねるだけで子供の運動能力を鍛えるのにぴったりです。一見はただ単にジャンプしているようにしか見えませんが、実はさまざまな効果があります。

トランポリンの効果1:体幹を鍛える

トランポリンで飛ぶことで、胸やお腹・お尻など体の幹となる部分を鍛えることができます。体幹はプロのアスリートもこぞって鍛えている、運動の基礎部分です。体幹を鍛えることで姿勢がよくなる・新陳代謝がアップするなどメリットがあります。

トランポリンの効果2:バランス感覚を養う

トランポリンは足元が不安定で、最初はうまく飛べないでしょう。しかし回数を重ねていく内にバランス感覚が養われ、足元が不安定な場所での体の使い方を覚えます。

トランポリンの効果3:便秘解消になる

ジャンプをすることで腸に適度な刺激が与えられ、腸の動きも活発になります。また腹筋も鍛えられるので血行が良くなり、便秘解消が期待できます。便秘に悩むパパママが子供と一緒にトランポリンに挑戦してもいいかも。