手相占いで反抗線の意味とは?別名は「あやまりま線」?右手左手の反抗線や、反抗線の濃さの違いについても解説します。

反骨精神が旺盛で何かと人と衝突することが多い人を見かけたりします。自分が間違っていても謝らず、自分の考えを譲らない人もいます。

何かと扱いづらく敬遠したい人物ですが、このような人に現れていることが多い手相に反抗線があります。これがわかれば適切な対応ができます。

それでは、この反抗線の手相の意味などについて詳しく解説していきます。

反抗線の手相占いの意味!あやまりま線?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

あやまりま線とも呼ばれる反抗線は、第二火星丘で若干斜め上に向かう短い横線を指します。第二火星丘は掌側面寄りの感情線のすぐ下辺りの領域です。

これが見られる場合、気が強く確固たる信念を持ち、人からの干渉や束縛を嫌うとされます。屈強な精神力を持ち、反骨精神にあふれています。

別名の通り、自分が間違っていても、謝ることはまずありません。自己主張が強く、組織内で目上とぶつかることが多くなります。正義感が強く自分が納得できないことには、頑なに反抗的な態度に出ます。

権力に屈することもないようです。人生は自力で切り開ける強さを持ちます。男性の場合はリーダーとして大成しやすく、女性の場合は恐妻家になりやすいとされます。また人の意見を聞く素直さを持つと対人関係は良好となります。

右手の反抗線

手相では利き手に現在から未来のことが現れるとされ、右利きが多い日本では右手でこれからのことを読み取ることが多くなります。

この右手に反抗線がある場合、人生経験を重ねるうちに反骨精神が培われ、何かと反抗的な態度に出やすくなったとされます。人の干渉や束縛を嫌い人生は自力で切り開けるはずです。正義感が強くなり、曲がったことは絶対に許せない気持ちになります。人に譲れない信念を持つようになると現れることもあります。

左手の反抗線

手相では利き手でない手に生来のことや過去が現れるとされ、右利きが多い日本では左手で生来のものなどを読み取ることが多くなります。

この左手に反抗線がある場合、生まれながらに反骨精神が旺盛で、自分が決めたことは貫き通そうとします。幼少期から反抗的な態度に出ることが多く、親や先生に食って掛かったりします。親の干渉などを嫌うので、人生の早い段階から独り立ちしたりします。また性格や考え方が変わり素直さを持つと反抗線は消えやすいと言えます。