長年にわたりハワイを讃えてきたワイキキ最大のハワイアンショー®「ロック・ア・フラ®」が、屋外ダイニングエリアとロイヤルハワイアンシアターのさらなる改良に向けた予算100万ドルを超える改装計画と、新たな10年間のリース更新契約を結んだことを発表しました。 ロイヤルハワイアンセンターに位置するロック・ア・フラ®は、今年でオープン11年目。 美味なるグルメディナーと合わせて、才能あふれるパフォーミングアーティスト、フラダンサー、タヒチアンダンサー、ファイヤーナイフダンサーによる華麗なステージを楽しめるディナー&ショーパッケージを皆様に提供し続けています。 改装計画には、シアターの音響設備と映像機器、プロダクション設備のアップグレードと、ロイヤルハワイアンセンター最上階に新しく設ける2つのハワイパビリオンの建設が含まれます。 この改装により、現在提供しているワイキキルアウ、ミュージックラウンジ、プライベートイベントパッケージを始めとした各種サービスは一段と充実し、今まで以上の満足感を皆様にご提供できるようになります。 2022年末までに完成予定のハワイパビリオンは、ハワイの雰囲気を満喫できることで人気の「ワイキキルアウ」の客席数を増加し、さらに大勢の皆様に楽しいハワイ体験をお届けします。 2022年4月1日に完全再開したロック・ア・フラ®は、ロッキンショー、ワイキキルアウ、ステージサイドVIP、プライベートグリーンルームなど、お好みに合わせたパッケージを用意しています。 また、ショーの後に大人の時間を楽しめるミュージックラウンジもあります。 提供・LaniLani



【こちらの記事もおすすめ】
思わず共感する40代独身女性あるある
100均グッズで宅飲みをワンランクアップ
生活費月100万円超「ご近所セレブ」の実態
旅行のお土産、いくらが適切?
あぁ、癒やされる。飼いやすいペット5選