6月11日は、ハワイ王国を建国したカメハメハ大王を讃える「カメハメハデー」。 1871年12月22日、大王の孫にあたるカメハメハ5世が、初代国王を讃え、6月11日をハワイ州の祝日に制定しました。 この日、ハワイ州では、学校や公共機関が休みとなり、各地でさまざまな記念行事が催されます。 オアフ島では毎年、ダウンタウンにあるカメハメハ大王像にレイを捧げるレイドレーピングセレモニーやイオラニ宮殿からカピオラニ公園までのフローラルパレードなどが行われます。 カメハメハデー制定150周年にあたる今年は、「E Ola Ka Inoa ʻO Kamehameha」(カメハメハのレガシーよ永遠に)をテーマにハワイ全土で盛大な祝賀イベントが予定され、ロイヤル・ハワイアン・センターでは、レイドレーピングセレモニーに使用する30フィートのレイメイキングを6月9日に行うほか、ネイティブハワイアンアートのマーケット、カルチャーデモンストレーションやワークショップ、カメハメハ王朝を称えるメレとフラ、コナネのトーナメント(ハワイの囲碁)などが一日中楽しめる「カ・ナイ・アウプニ・ホオラウレア」が6月11日(土)と12日(日)の2日間にわたって開催されます。 カメハメハデー150周年記念イベントのスケジュールは以下の通りです。  30フィートのレイメイキング日時:6月9日(木) 午前10:00~午後12:00場所:ロイヤルグローブ毎年行われるカメハメハ大王像にレイを捧げるセレモニーに使用する30フィートのレイメイキング。 一般公開、先着15名様限定。 カメハメハ大王像へのレイドレーピングセレモニー日時:6月10日(金)午後2:00 –午後 5:30場所:ダウンタウンのアリイオラニハレ前カメハメハデーフラワーパレード日時:6月11日(土)午前9:00~午後1:00場所:イオラニ宮殿からカカアコ、アラモアナ、ワイキキを通ってカピオラニ公園までカメハメハデー150周年記念式典「カ・ナイ・アウプニ・ホオラウレア」日時:6月11日(土)& 6月12日(日)両日とも午後12:00~午後7:00場所:ロイヤルグローブ内容:マケケ(ネイティブハワイアンアートのマーケット)とカルチャーデモンストレーションやワークショップ、コナネのトーナメント(ハワイの囲碁)、カメハメハ王朝を称えるメレ&フラのパフォーマンス <6月11日の…

提供・LaniLani



【こちらの記事もおすすめ】
思わず共感する40代独身女性あるある
100均グッズで宅飲みをワンランクアップ
生活費月100万円超「ご近所セレブ」の実態
旅行のお土産、いくらが適切?
あぁ、癒やされる。飼いやすいペット5選