1歳は言葉を理解し始める時期で、この時にたくさんの言葉に触れさせてあげると子供をぐっと成長させることができます。1歳の子供の力を伸ばすおすすめの絵本と、「絵本を読んでも聞いてくれない」といったママたちのお悩みにも答えます!

1歳の子供が喜ぶ絵本の選び方

1歳の子供に読んであげたいおすすめ絵本 ロングセラーから知育絵本まで
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

0歳の頃と比べて、赤ちゃんの特徴が減り幼児へと成長著しくなる時期になりましたね。今までパパママが読み聞かせてきた絵本を受け身で楽しんでいましたが、これからは子供がそれぞれに好きなことを自分で選んで楽しめるようになっていきます。

1、子供の知っているものが出てくる絵本を選ぶ

1歳の子供に読んであげたいおすすめ絵本 ロングセラーから知育絵本まで
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

1歳になったばかりですと興味があるものがハッキリと分からない時があります。その場合は身近でいつも目にしている物や、手にしている物が出てくる絵本を選ぶと良いですよ。食べ物、動物、乗り物、色などです。果物は好きかな? どんなぬいぐるみで遊んでいるかな? または生活習慣からヒントが見つかるかもしれません。お布団は好き? 歯磨きや歯ブラシ、洋服、パジャマ、靴、お出かけ、公園や自動販売機はどうでしょう。知っているものが絵本に出てくると、「あ!」と嬉しそうにパパママの顔を見てくれますよ。

2、オノマトペがたくさん使われている絵本を選ぶ

1歳の子供に読んであげたいおすすめ絵本 ロングセラーから知育絵本まで
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

子供が大好きな音の繰り返しや擬音語もおすすめです。「ぶーぶー」「ピポピポ」「ガシャガシャ」「ぷっぷー」「ジャージャー」など、おもしろい音で繰り返しの言葉は子供の耳に残りやすく覚えやすいのです。オノマトペの種類が豊富な日本語は、赤ちゃんが感情や物を表現する事に長けています。絵本の絵とオノマトペを組み合わせて読み聞かせ、絵と音の関係性を感覚で覚えさせます。子供の好きな音を発見したら、リズムや音程を付けてしつこい位何度も言いあいっこしましょう。1歳児は好きな事の繰り返しは大好きですよ。

1歳児への絵本の読み聞かせは「楽しい」がポイント

1歳の子供に読んであげたいおすすめ絵本 ロングセラーから知育絵本まで
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

絵本への興味の向き方は、子供の性格によりさまざまです。大人しめな子は座って見ていられますし、絵本のページを自分でめくる行為が楽しいと思う子もいます。またじっと座るよりも走り回るのが好きで絵本に見向きもしない子ももちろんいますね。それぞれの子に合った読み聞かせ方法があるのですが、大切な事は共通して「楽しい」を意識させる事です。大人が思う「絵本を読む時の理想の形」は、この時期には適応しないでおきましょう。座りたい子は座る。ページをパラパラする感じが好きならその行為を止めない。走り回るのが好きなら体を動かしながら絵本の世界に触れる。実は絵本には、全ての子供達が楽しめるいろいろな要素があるのですよ。