最近、彼氏と会うと「別れ」の2文字が頭をよぎってしまう・・。
恋愛をしていると、そんな悩みを抱える時もありますよね。
そこで気になるのが、別れる理由や別れ方です。

「一般的に恋人が別れる理由や原因って何?」「相手を傷つけずに別れる方法ってあるの?」「振られて立ち直れないけどどうすればいい?」など、恋人との別れについて知りたい人に向け、別れる理由・上手な別れ方・別れを告げられた時の立ち直り方についてご紹介します◎

恋人と別れる理由とは?

別れる理由,別れ方
(画像=JOERAより引用)

別れる理由は人それぞれ。
悩みに悩んだ末に別れを選ぶ人もいれば、ただ何となく・・で別れを考える人もいます。
さらに男性と女性によっても、別れる理由は違ってくるのです!
そこで最初は、よくある恋人と別れる理由について男女別にご紹介しますね♪

別れる理由【女性】から別れを切り出す場合

別れる理由,別れ方
(画像=JOERAより引用)

■別れる理由1.価値観の違い
金銭感覚・生活スタイル・食事の仕方・趣味や好みなど、どれだけ仲がイイ恋人同士でも、お互いに価値観の違いはあります。
交際当初は気にしていなかった価値観の違いも、長年付き合う中で段々と目につき、一緒にいると疲れてしまうなんて場合も・・。
特に女性は、男性よりも将来を想像しがち。
価値観の違いが多く、一緒にいる未来を想像できないことが別れる理由につながってしまう時もあります。

■別れる理由2.すれ違い
直接会って何気ない話をすることで、愛情を深める女性もいます。
そんな女性からすると、転職で遠距離になったり、お互い仕事が忙しくて会えなかったりという環境は耐え難いモノ。
彼氏とのすれ違いが多くなることで、徐々に気持ちが冷め、別れを考え始める場合もあるのです。
すれ違いも女性の別れる理由としては多いのですね。

■別れる理由3.気持ちが冷めた
「他に好きな人ができた」「彼氏の束縛に嫌気がさした」といった理由で、急に気持ちが冷める女性もいます。 また、「特に理由はないけど何となく・・」で気持ちが冷めてしまう場合も。 女性の場合、一度気持ちが冷めると、再び同じ相手に恋愛感情を抱くのは難しいのです。 そんな気持ちが冷めた状況が別れる理由になってしまう時もあります。

別れる理由【男性】から別れを切り出す場合

別れる理由,別れ方
(画像=JOERAより引用)

■別れる理由1.彼女の存在が重い
男性の別れる理由で多いのが、彼女の存在が重いということ。
束縛が激しかったり、結婚の話ばかりをされたりすると、男性は彼女の存在を重いと感じ始めてしまうのですね。
これでは当然一緒にいても疲れてしまいます。
彼女から離れて1人になりたいと思った時、男性は別れを切り出すのです。

■別れる理由2.仕事が忙しい
他に別れの理由があるのに、仕事を言い訳にして別れる男性も多くいます。
でも、その中には本当に仕事が理由で別れる男性もいるのです。
大きなプロジェクトを任せられたり、昇進がかかっていたりと、仕事で期待されると、恋愛が後回しになってしまう男性も珍しくありません。
その時に彼女からワガママや文句を言われると、急に気持ちが冷め、別れたくなるなんて場合も・・。

■別れる理由3. 気持ちが冷めた
男女共通で多い別れる理由が、気持ちが冷めたということ。
女性だけでなく、男性も他に好きな人ができたり、彼女に嫌気がさしたりすると、急に気持ちが冷めてしまう時もあるのです。
また、男性の場合は一緒にいても落ち着けないと感じると、気持ちも冷めやすい傾向があります。
会うたびに喧嘩が増えるなどの関係性も、気持ちが冷め、男性が別れを決意する原因になりやすいのですね。

「お互い好きなのに別れた」その理由とは

別れる理由,別れ方
(画像=JOERAより引用)

特に別れる理由も原因もないのに、なぜか別れを選んでしまう恋人もいます。
そこにはお互いにまだ好きなのに、どうしても別れなければいけない理由があるのです。
長年付き合っていく中では「好き」の気持ちだけでは解決できないこともありますよね・・。
では、お互いに好きなのに別れる理由とは何なのでしょうか?

お互いの結婚のタイミングが違った

別れる理由,別れ方
(画像=JOERAより引用)

将来結婚を考えている恋人同士であれば、別れる理由など何もないと思いますよね。
でも、彼女はいますぐ結婚したいのに、彼氏はまだしばらく後でいいと思っている・・
など、お互いの結婚したいタイミングに違いがあると、それが別れる理由になる可能性も。
結婚を考えるタイミングに違いが出てくると、待てない彼女と急かされる彼氏の間に溝ができ、結果的に別れの原因になってしまうのです。

お互いに依存しあっている

別れる理由,別れ方
(画像=JOERAより引用)

恋人同士、お互いが好きで仕方ない!という関係性はすてきなことです♡
でも、依存しあう関係はちょっと危険!
盲目になることで周りに迷惑をかけたり、仕事や人間関係に支障をきたしたりする場合もあるのです。
お互いに依存しあい、一緒にいるとマイナスにしかならない関係が続けば、嫌でも別れを選ばなければいけないこともあります。

お互いに分かり合えなくなった

別れる理由,別れ方
(画像=JOERAより引用)

好きだからこそ、お互いのことはたくさん知りたいはず!
でも、お互いを分かり合うための会話で喧嘩が増えたり、相手からあれこれ口出しをされたりする関係が続くと、2人の仲もぎこちなくなってしまいます。
これでは一緒にいても疲れてしまうだけですよね・・。
「好きだけど話し合っても分かり合えない」ということが原因で、別れのきっかけができてしまうこともあります。

別れる理由は伝える?相手への適切な言い方

別れる理由,別れ方
(画像=JOERAより引用)

恋人との別れを決心した時、気になるのが別れる理由を言うべきか、言わないべきか・・。
結論から言うと、別れる理由は伝えるべきです!
曖昧な言葉で別れてしまうと、相手も納得できず、別れたあとにトラブルになる可能性もあります。
自分から別れを切り出す時は、別れの理由を伝えながらも、相手をできるだけ傷付けない言い方を選びましょう♪

別れの言葉は分かりやすく簡潔に

別れる理由,別れ方
(画像=JOERAより引用)

自分から別れを切り出す時、はっきりと「別れ」の2文字を口には出しにくいですよね。
でも、遠回しな言い方や曖昧な言葉では、相手にもはっきり伝わりません。
だらだらと話し続けるのも、言いたいことが伝わらず、相手を不安にさせるだけです。
別れを切り出す時は、分かりやすい言葉で簡潔に伝えると◎
相手を必要以上に傷付けずに済みますよ。

相手を責めない

別れる理由,別れ方
(画像=JOERAより引用)

「あの時○○だったから嫌になった」「いつも○○してくれないから辛かった」と、
まるで相手に非があるかのように責めて別れるのはNG!
相手の自尊心を傷つけるだけです。
これでは喧嘩別れになったり、別れたあともしばらく揉めたりする可能性もあります。

自分から別れを切り出す時は、相手を責めないのが鉄則◎
相手に別れの原因がある場合は「あなたに合わせられなかった私にも責任がある」と一言付け足すと、お互いが傷つくことなく円満に別れられますよ♪

「ありがとう」と感謝を伝える

別れる理由,別れ方
(画像=JOERAより引用)

別れの原因が何であれども、最初は好き同士で付き合ったはずですよね?
別れを切り出す時は、その気持ちを思い出すことも大切です・・♡
別れる理由を告げた後は、交際当初を思い出し、その時に嬉しかったことや楽しかったことも一緒に伝えてみましょう。
そして最後に「ありがとう」と感謝を伝えることができれば、相手を傷付ける心配もないはず。