ハワイに行くとき、約7時間ほど過ごす飛行機の中は、できるだけ快適に過ごしたいものですよね。 そこで重要なのが、飛行機の座席選び! あなたはどの様に選んでいますか?

どうせなら自分にとって一番いい席を選びたいですよね。 少しでもいい席を確保できる、座席選びの方法をご紹介していきます♪

「窓側」と「通路側」の座席ではどっちが快適か?

 

「窓側」は座席数が少なく、希望者が多いため、なかなか確保できない場所。 外の景色を誰にも邪魔されることなく堪能することができ、片側が壁になっているためプライベート感を味わえます。 睡眠を取っておきたいなど、落ち着いてフライトを楽しみたいという人にとってはとても快適な場所です。 しかし、奥まった位置にあるので、通路に出るためには並んで座っている他の乗客の方に気を遣いながら出ることになります。

「通路側」は移動しやすいので、子供連れやトイレに頻繁に立たなければいけない方には最適の座席。 客室乗務員にも声を掛けやすいので、フライトに不安を抱えている方などにもおすすめです! しかし、同じ列の乗客の方が席を立つたびに声を掛けられることになるので、落ち着けないと感じることも多いかもしれません。

「前方」と「後方」の座席ではどちらが快適か?

3file.jpg
(画像=『LaniLani』より引用)
搭乗してすぐに座ることのできる「前方」の座席は、ファーストクラス、ビジネスクラスなど、一般席よりも料金設定の高いクラスが配置されていることがほとんど。 飛行機のエンジンと離れた位置にあるので、静かで過ごしやすく快適な座席です。 「後方」は、搭乗から着席まで時間が掛かるものの、前方から座席を埋めていく飛行機では空席になっていることも多く、比較的座席の融通を効かせることができます。 大人数や家族でのハワイ旅行なら、並びで席を取れる確率も高いため、仲間とゆっくり、景色を楽しみながら過ごしたい方には快適な座席です。 ## トイレの近くや非常口前の座席は子連れにおすすめ
4file.jpg
(画像=『LaniLani』より引用)
子連れの方が快適なのが、通路側やトイレに近い座席や非常口前の座席! 「通路側」や「トイレに近い座席」は、他に比べて自由に使えるスペースが広く、トイレにもすぐに向かえるため、とても便利です。 しかし、人の出入りが多く食事の後はトイレに列ができることもあるので、落ち着いて過ごしたいという人は不快に感じてしまうかもしれません。 「非常口前の座席」は、目の前に座席がないため、ゆったりと座ることができます。 しかしこちらの席は、緊急時には客室乗務員のサポートを求められることがあります。 英語にあまり自信のない方は、控えたほうがいいかもしれません! ## 座席の判断に迷ってしまったときは「SeatGuru/シートグルー」がオススメです!
5file.jpg
(画像=『LaniLani』より引用)

座席の判断に迷ってしまったときに便利なのが、「シートグルー」というサイトがオススメです! このサイトは、搭乗したい飛行機の情報を入力するだけで、座席表をチェックすることができます。

座席はそれぞれオススメ度別に色分けされて表示されるので、快適・不快な座席が一目瞭然! 気になる座席にカーソルを合わせれば、「トイレが近い」、「人通りが多い」など、その理由を確認できるので参考になりますよ。 ただし英語サイトのため、自分で英語を訳す必要がありますが、座席選びで困ってしまったときにはぜひ参考にしてみてくださいね♪

旅行する際に、意外と重要な飛行機の座席選び! できるだけ自分好みの座席を選んで、旅の始まりと終わりも快適に時間を過ごしましょう!

提供・LaniLani



【こちらの記事もおすすめ】
思わず共感する40代独身女性あるある
100均グッズで宅飲みをワンランクアップ
生活費月100万円超「ご近所セレブ」の実態
旅行のお土産、いくらが適切?
あぁ、癒やされる。飼いやすいペット5選