成田山新勝寺や成田空港があり、観光客で賑わいを見せる千葉県成田市の大型ショッピングモール・イオンスタイル成田。

その1階のフードコートに、青山の人気イタリアンレストランSentoBene(セントベーネ)が新店舗「青山セントベーネキッチン」をオープンしたのが昨年の8月です。お店のコンセプトは『究極のフードコートイタリアン』。

広々としたモールの中を進んで行くと、フードコートの一角に青山セントベーネキッチンが見えてきます。

こちらのお店では、オープン当初からカゴメのヴィーガン対応パスタソース『根菜と大豆ミートのボロネーゼ』と『きのこの豆乳クリーム』を使ったヴィーガンパスタを提供。

外国人のお客様や若い女性の間で人気となっています。フードコートでヴィーガンパスタが食べられるなんて嬉しいですよね。

今回はそんな青山セントベーネキッチンを取材させて頂きました!

ヘルシーで美味しさがギュッと詰まった人気のヴィーガンパスタ

それでは、さっそく話題のヴィーガンパスタ2種類をいただきます!

まずはきのこの豆乳クリーム(税別1,000円)から。

たっぷり入ったきのこの旨味と、クリーミーな中にもさっぱりした口当たりの豆乳クリームソースが、麺に良く絡みます。

ヘルシーな豆乳のクリームソースが女性に大人気だそう!クリームソースはくどくて苦手・・・という方も、さっぱりしているので美味しくいただけます。

次は根菜と大豆ミートのボロネーゼ(税別980円)。

濃厚なトマトの風味に大豆ミートと野菜の旨味が混ざりあって、コシのあるパスタと良く合います。

トマトソースにコクがあるので、大豆ミートが違和感なく、まるでお肉みたいに食べられます。言われなければ大豆ミートだと気付かない程。男性から人気が高いそうです。

その他のメニューはヴィーガンではありませんが、ワンコインで食べられるマルゲリータが一番人気(税別500円)。

厳選した国産小麦粉に、イタリア産サッコロッソ小麦粉を50%以上ブレンドしたモチモチ感と風味のあるピザ生地は、1枚1枚店舗で手延ばししています。

調理に使うオイルは全て、スペイン産のエキストラバージンオリーブオイル。フリットに使う揚げ油も、オリーブオイルとひまわり油をブレンドしているので、カラッと軽く揚がるそう。

お野菜は、主に地産地消で千葉県産のお野菜を使用しています。

※メニューは2020年3月2日時点のものです。変更の可能性がありますので、事前に店舗にご確認ください。